読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメとデジタル写真

id:BunMay:20071125#p1でデジカメの話が出ていたので、ちょっと補足しておきます。デジタル写真の特徴はいくつもあるだろうけど、一つにデータである点。つまり、デジカメで撮影され、パソコン画面上で見るものを、通常「写真」として認識しているけれども、実際それは情報の集積に過ぎない。その証拠に、デジカメで撮影した写真をメモ帳で開いてみれば、そこには文字列が並んでいる。

PICT0367

例えば、Flickrにあげた、先日BIWAKOビエンナーレに行った際に撮影した写真。この写真をメモ帳で開けば、文字がズダッーーと並んでてわけわからんけど、そこに情報が連なっている。その中に「KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA Konica Minolta Camera, Inc. DiMAGE A2」という文字列があって、どんなカメラで撮られたのか、というのがわかる。あと、「2007:10:28 15:28:04」という文字列もあり、いつ撮られたのかも記録されている。ま、書き換えられるけど。で、id:BunMayくんが挙げてるGPSカメラも、此処にそのデータを書き込むのだろう。

例えばグーグルマップと連動させて画像の蓄積ができれば、都市のアーカイブとして非常に貴重なものができるだろうし、観光という観点から考えてもとても有益なものを生み出すと思うんだよね。それに、こういうのを利用した写真家が登場することだって十分あり得そうだし。どういう風に「応用」するか、これが今後問題になってくると思う。

ということだけど、実はもうある程度実行されている。例えば、上の僕の撮った写真は、flickrにUPして、そこからはてなに貼り付けているわけだけれど、flickrにおけるこの写真のページ*1の右下には、どんなカメラで撮影したのかが書かれている。詳細ページ*2もある。僕のデジカメにはGPS機能はついていないけれども、flickrに挙げた写真に関して言えば、自分で撮影地点を登録することが出来る。普段は面倒なので、登録していないけれども、今回はやってみた。f:id:Arata:20071126001310j:image:leftさっきのページ右下の、mapをクリックしてもらえれば地図が見れる。場所は近江八幡。加えて、近隣で撮影され、flickrにUPされた写真も同時に見ることも出来る*3。もちろんUPした上で、地図に登録する手続きがなされた写真だけだけれど。これが、GPSカメラであれば、自動的に可能になる。はず。というのも、実際にSONY DCS G1で撮った写真がflickrでどう使われているかを見ればよいのだけれども、どうも使われていなさそうだから。*4ちなみに、flickrの地図画面がコレ。ただ、いまいち盛り上がりに欠けるというか、何と言うか。アーカイブとして集積していく、というのも面白いけれども、むしろflickrを使ってて思うのは、集積されたアーカイブからいかにどんな情報を出力し読み取っていくのか、という点の方に面白さの力点は置かれているような気がする。

*1:http://www.flickr.com/photos/photo_arata/2062673662

*2:http://www.flickr.com/photo_exif.gne?id=2062673662

*3:http://www.flickr.com/photos/photo_arata/2062673662/map/?view=everyones

*4:http://www.flickr.com/cameras/sony/